リク

先日我が家の洗濯機が、ドラム式から縦型に替わりました!

買い替えにいたるまでの経緯となぜ縦型に変更したのかを紹介します。

 

これまで使っていたドラム式洗濯機から怪音が聞こえだしたことが始まり

10年近く使用してきたドラム式洗濯機が、少し前から給水の調子がよくなくて、変な音も鳴り出しつつありました。
けど、時間をかけながらほうっておいたら洗濯が完了していたので、なんとかごまかしながら使い続けてきました。
ところがその洗濯にかかる時間もだんだんと長くなり、

このままだといつか完全に洗濯ができなくなってしまう!!
買い替えで新しい洗濯機が届くまで、コインランドリーへわざわざ大量の洗濯物を持って移動するのは避けたいっ!!

という家族会議の結果、ついに壊れる手前で買い替えに踏み切りました!

 

ドラム式と縦型の機能や使い勝手の比較検討

購入したのは縦型洗濯機、

「HITACHI ビートウォッシュBeaTWasH BW-V100A 10kg」

です。

当然、ドラム式と縦型とでかなり迷いました。
以前、10年前にドラム式を購入したときは、まだ今の家には住んでいなくて賃貸のハイツに住んでいました。
その当時は洗濯物を干すスペースも狭く、雨が降るとすぐ洗濯物が濡れてしまうという環境でした。
ドラム式ならほとんどの洗濯機が十分な乾燥機能もついていて、シワになりにくくアイロンがけがしやすい、おまけに水の使用量も少なくて経済的という理由で当時はそれを選んだことを憶えています。

しかし、今は一軒家に引越してきて、前よりは洗濯物を干すスペースもそこそこ充実していて、よほどのことがないかぎり雨で濡れることはなくなりました。
それに、冬場でなかなか洗濯物が乾ききらなかったとしても、以前のハイツにはなかった浴室乾燥までもが今では備わっているので、洗濯物が乾かなくて困るということもなくなりました。
以上の理由からドラム式にこだわる理由はなく、おまけに値段もドラム式の半分以下で済むことから今回は縦型に軍配があがりました。

 

浴室乾燥機があるなら縦型をオススメ

我が家は大人2人と小学生2人の計4人家族。浴室には乾燥機が備わっています。

購入時の条件としては、前と同じ洗濯容量で、乾燥機能がついていない今売れ筋の縦型洗濯機ということで、

「HITACHI ビートウォッシュBeaTWasH BW-V100A 10kg」

になったのです。
(実は以前もドラム式のHITACHIビートウォッシュだったんですけどね!)

もちろん水の使用量はドラム式よりたくさん使ってしまうことになりますが、その分洗浄力もしっかりしていてると思いますし、水道料金の差よりも洗濯機そのものの値段の差のほうがはるかに大きいです。
(仮にドラム式を選んでいたとしても、値段の差を水道料金の差で埋めようとしたらどれだけ使用し続けないといけないことか。。。)

もし、我が家と同じ状況で、ドラム式と縦型との購入を検討しているようであれば、私は断然縦型をオススメします。

 

縦型洗濯機を使用してみた感想

購入時に私もいろいろネットなどで違いを調べましたが、よく縦型のほうが洗浄力はあるがその分洗濯物が痛みやすいという意見を目にしました。けど、使用していてそんなに気になったことはありません。
今の縦型洗濯機は脱水時にちゃんと洗濯物の絡まりを防ぐために、ほぐす機能もあるようで洗濯物は以前より痛みにくくなってると思います。
個人的になぜかドラム式のときより洗濯物を干した後の手荒れがなくなったように感じます。

ただ使い始めてみて、改善してほしいなと思う点もでてきました。
これはこの機種だけなのかもしれませんが、よく糸くずフォルダに糸くずがたまり手入れを頻繁にしないといけないことでしょうか。
あ!あと洗っているところが見れないことです(笑)
けど総合して使い勝手・コスパともにいいと思いますので、本当に何度も言いますが我が家と同じ状況ならばぜひ縦型をオススメしますよ!

ちなみにネットで最安値を調べて、洗濯機本体、送料、リサイクル料、設置料、すべて総額7万9,500円で購入できました。

スポンサーリンク
おすすめの記事