ブレイクタイム

まだまだ猛暑が続きますね。

 

あまりの暑さにすべてのヤル気がそこなわれていく今日この頃です。

 

小学生の息子の少年サッカー練習でも、毎回子どもたちの何人かが熱中症で練習を中断することがよくあります。

 

私たちが子供のころなんて、そんなことあまりなかったような気がするのですが、今は昔より暑いのでしょうか。

 

それはさておき、やはり熱中症対策や夏の暑さ対策はまだまだ必要な季節です。

 

少年サッカー熱中症対策飲み物のお茶は持ち物として必須

 

そう言えば今日、ノルディックスキーの塩沢大会で高梨沙羅ちゃんが、この暑さの中みごと優勝しました。
おめでとうございます!

 

高梨沙羅ちゃんは先日の体重不足での失格を反省して、今回は暑さ対策を万全にしてこの大会に挑んだそうです。

 

その暑さ対策や熱中症対策にはやはりセオリーどおり、こまめに水分補給をすることだったようですね。

 

いつも息子には、少年サッカーのときに多めにお茶を入れた水筒を持ち物として持たしているのですが、練習から帰ってくるとお茶が残ってることも多くあります。

 

なんで残してくるのと聞くと、多いんだとか。。。。。

 

そうかと思えば、練習後にしばらくしたら頭痛がするだとか。。。

 

んん。。。やっぱり子供はなかなか自分で体調管理をするのは難しいのでしょうか。
練習に夢中になってるのかなぁ。。。

 

それなら、冷却タオルを持たせたり、服の上から体を冷やすスプレーをして行くのもいいかも知れませんね。スプレーは今年流行ましたもんね。

 

熱中症対策グッズはかかせません。

 

熱中症になったらすぐに処置をしましょう。

 

まだまだ暑い日が続きますので、熱中症対策でこまめな水分補給を忘れずに!

スポンサーリンク
おすすめの記事