こんにちは。にゃにたんです。

 

先日のブログでもご報告しましたが、この間、ワンカルビの懸賞で当たった『宝塚大劇場雪組公演』チケット!

 

娘と行ってまいりました(^^)/

 

 

娘はもちろん、私も初めての宝塚歌劇だったので、とっても楽しかったです!

 

また行ってみたいと思いました。

 

それでは、そんな初めての経験をした宝塚での一日の出来事をご紹介します。

阪急宝塚駅で下車!改札を出るとそこはもう宝塚歌劇の世界

花の道

初めて阪急宝塚駅で下車しましたが、改札を出て歌劇場方面へ向かうと宝塚歌劇の銅像が私達をお出迎えです。

 

小旅行に来たくらいのテンションアップでした!

 

それから花の道へ向かいます。

 

『花の道』って名前からして素敵♡

 

建物も少しメルヘンチックな装飾もなされています。

 

石畳の道はそのまま私たちを夢の世界に引き込んでくれます。

 

季節は秋なので周りの木々も色づいていて、キレイです。

ついに宝塚歌劇場に到着

宝塚歌劇

大きな門をくぐると、そこは夢の国、宝塚歌劇場です。

 

重い扉が開けられていて、中に入ると喫茶店やお土産、グッズがたくさん売られていました。

 

テーマパークのような作り。

 

以前宝塚ファミリーランドっていう遊園地があったのでテーマパーク感はあって当然なんだけど、今は歌劇だけで一つの夢の国が出来上がっていることに感動!

 

もう少し奥に入ると宝塚の格好で写真が撮れる写真館や、チケット売り場があるんです。

懸賞当選ハガキをチケットに交換

当選しました

今回、私はワンカルビ様の懸賞で鑑賞引き換えハガキがあるんだけど、さてどこで引き換えるのか…。

 

とりあえず、チケット売り場へ。

 

尋ねるとホテルフロントのお姉さんのような方が立看板の出ているところまで案内してくださいました!

 

職員の教育もバッチリです。

 

高なる胸をおさえて引き換え所へ。

 

たくさんの封筒がカゴの中にキレイに並んでいて、そこから一つ封筒を取るシステムでした。

 

なんか、舞い上がっていて選ぶことなく手前の封筒をチョイス!

 

係のお姉さんが中のチケットを確認。

 

封筒の中には連番のチケットが入っていました。

 

みごと二階席のほぼ一番上(^.^;

 

ご招待ですから、お席の不服は申しません(笑)

 

それからは、なんせ朝が早かったので娘と腹ごしらえ…。

 

近くにあるロッテリアに行ってまいりました。

 

我が家の近くにロッテリアはもうほとんどなくなってしまって、なつかしい!

 

そこにも宝塚のスターの方たちからの出前お礼のお写真があり、ワクワク感が高まります。

初めて見る不思議な光景にびっくり!いったいこの人たちは!?

 

タカラジェンヌ

お腹も満たされてから再度歌劇場へ。

 

すると、宝塚初心者の私には不思議な光景が…(@_@)

 

エントランスに各雪組のスターさんの名前が印字されている装飾された箱を持っているお姉様方が十数人並んでいるんです。

 

そして、通路を挟んで向かい側にもチラホラ人がいて、さささーっとお目当ての箱に行っては紙をもらっている?

 

何何なに~?気になる〜。ファンレターなの?

 

気になるので、恥を承知で質問しました〜。

 

要約すると、タカラジェンヌのそれぞれの私設ファンクラブがあって、その人のファンクラブでチケットを購入している人がチケットの受け渡しに来るところらい…。

 

とても、新鮮だったなぁ。

 

初めての宝塚という世界にますます興味津々!

 

それから、いろんなところを写真で撮り(次はいつ来れるかわからんので…)、歌劇場の入り口に入ったわけです。

非現実的!幻想的な世界観に圧倒される☆

 

宝塚歌劇

なんじゃこりゃ〜お城やん!!

 

これが率直な感想。

 

赤絨毯の両脇に広がる階段。

 

高い高い天井。

 

電子グランドピアノから聞こえる音楽。

 

タカラジェンヌさんの堂々とした写真。

 

グッズ売り場。

 

一つ一つが新鮮で大人になってからの久々のドキドキ感でした。

 

もう、テンションが上がりまくりの私です。

 

そうこうしているうちに、もう開演の時間。

 

二階席なので舞台前のオーケストラのスペースまでもよく見えました。

 

始まりの合図はタカラジェンヌさんによる演目の紹介。

 

そして、幕があがる…。

宝塚歌劇を初めて観劇される方へのアドバイス

舞台

今回持ってきてホントに良かったもの、それは『双眼鏡』です!!

 

これ絶対必須です。

 

タカラジェンヌさんのお美しいお顔立ちまでくっきり見えます。

 

歌劇場でもレンタルできるみたいで、二階席の方は結構レンタル双眼鏡を使ってる方が多かったですよ。

 

舞台は二部構成で間に30分の休憩タイムがありそこで必ずトイレへ…。

 

特に子連れは。

 

チケットを見せたらエントランスにも出れるので、そちらのトイレの方が空いてて待ち時間短いですよ。

 

初心者の私は観劇中、実は係員の人に注意されたんです(¯―¯٥)

 

観るときは前のめりにならず背中は背もたれにつけて観ないといけないというマナーがあるそうです。

 

後ろの方のご迷惑になるということだそうです。

 

私達親子、初心者は、必死で観ていたのでかなり前のめりになっていました(゜゜)

 

後ろの方、ご迷惑おかけしましたm(__)m

宝塚歌劇初体験の感想

宝塚での楽しかった一日

舞台はタカラジェンヌの方の努力と裏方さん方の舞台チェンジ、音楽を担当のオーケストラの方々すべての方がプ

ロフェッショナルに仕事をされていて、日々の努力のことを考えながら見ていると、涙が出そうになりました。

 

あんだけ素晴らしい舞台なので裏方は緻密な計算がなされ、何度も打ち合わせされてるんだうなぁ、私たちも仕事する上で見習わないとなあ…。

 

タカラジェンヌの方も宝塚音楽学校で上下関係の厳しい世界で頑張り、そしてこの舞台に立っている今に至るまでどれだけの汗と涙を流して来られたんだろうと思うと、親心で泣けてくる…。

 

二部は次から次へ違うテーマでショーが行われどれがフィナーレなの?というくらい次から次へと背中に羽を背負ったタカラジェンヌの方が出てきて、圧巻!!です。

 

さすが宝塚大劇場!

 

ハマる方の気持ちはよーく分かりました。

 

自分たちでファンクラブを作ろうと思う人々がいることにも納得でした。

 

宝塚に少しでも興味のある方、その華やかな夢の扉を開いてみてください♡

 

初めての体験でとても興奮したにゃにたんでした!

スポンサーリンク
おすすめの記事